第47回固体イオニクス討論会

開催日時 2021年12月8日(水)~10日(金)

開催方法 ハイブリッド開催

現地開催場所 あわぎんホール(徳島県郷土文化会館)

  • 主催
  • 日本固体イオニクス学会
  • 協賛
  • 応用物理学会、高分子学会、電気化学会、日本金属学会、日本鉄鋼協会、日本物理学会

第47回固体イオニクス討論会の講演動画が公開されました。マイページのプログラムからご覧いただけます(公開は1月10日まで)。こちらからお入りください。マイページ入り口

講演プログラムが一部修正されましたのでご確認ください。講演プログラム(12月5日修正4版)はこちら

第47回固体イオニクス討論会は現地講演とオンライン講演を合わせたハイブリッド形式での開催となります。すべての講演はZoomウェビナーを通じて行われます。討論会についての案内をまとめています(改訂版)。参加される方は必ずこちらをご一読ください。

スケジュール

講演の申込Title Submission

講演申込締切Deadline
2021年10月15日(金)
2021年10月22日(金)
受付は終了しました

要旨の提出Abstract Submission

提出締切Deadline
2021年11月15日(月)
受付は終了しました

参加登録Registration

事前参加登録締切Deadline
2021年11月15日(月)
受付は終了しました

新着情報

2021年12月16日
第47回固体イオニクス討論会の講演動画が公開されました。
2021年12月13日
12月10日に第47回固体イオニクス討論会は無事閉幕しました。
2021年12月6日
講演プログラム修正4版を掲載しました。

討論会への参加に当たっての案内を更新しました(v2)。

2021年12月3日
討論会への参加に当たっての案内を掲載しました。
2021年12月2日
講演プログラムが一部修正されましたので、修正3版を掲載しました。

開催形式についてのお知らせを掲載しました。

現地会場の受付場所ついて掲載しました。

2021年11月22日
講演プログラムが一部修正されましたので、修正2版を掲載しました。
2021年11月21日
参加者・講演者の皆様に参加方法についてのアンケートを開始しました。
2021年11月16日
講演要旨の提出の受け付けは終了しました。
2021年11月15日
講演プログラムを掲載しました。
2021年10月25日
講演申込は終了しました。
2021年10月19日
講演申込を10月22日まで延長しました。
2021年09月3日
講演申込、要旨提出、事前参加登録システムをオープンし、受付を開始いたしました。多くの皆様からのご参加をお待ちしております。
2021年08月31日
講演申込締切、要旨提出締切、事前参加登録締切を延長しました。
12月9日に予定しておりました懇親会の開催を中止いたします。
2021年08月05日
新型コロナウィルスの影響により、現地開催ならびにオンライン討論会も含めて討論会の趣旨に沿った実施方法を検討しており、決まり次第概要をお知らせいたします。
なお、開催日時に変更の予定はございません。講演申込期間、要旨提出期間は延長する見込みです。
2021年08月04日
講演タイトルを掲載しました。
2021年04月30日
特別講演の先生が決定しました。
2021年03月26日
ホームページを順次公開予定。
なお、社会状況によっては討論会の実施方法が変更となることも考えられます。 その際はホームページを通じて随時お知らせいたします。

討論主題

1新規なイオン導電性固体の創製と利用技術

2固体内イオン移動機構の解明

3電池・燃料電池材料の基礎

特別講演

安仁屋 勝 先生(熊本大学大学院) 「固体イオニクスの周辺分野から考えるイオン伝導機構」
入山 恭寿 先生(名古屋大学大学院) 「全固体電池の高性能化に向けた界面イオンダイナミクス」

討論会場

会場: あわぎんホール(徳島県文化会館)

      

受付:4F エレベーターホール


懇親会

懇親会は開催いたしません。

お問い合わせメールフォーム

組織
(会社・大学名等)
名前
ふりがな
メールアドレス
メールアドレス
(確認用)
電話番号
お問い合わせの内容

※送信後迷惑メールボックスに届いている可能性がございます。メールが受信されているかチェックしてください。

第47回固体イオニクス討論会事務局 徳島大学大学院社会産業理工学研究部理工学域 中村浩一 

088-656-7577 088-656-7577
  • 日本固体イオニクス学会
  • 応用物理学会
  • 高分子学会
  • 電気化学会
  • 日本金属学会
  • 日本鉄鋼協会
  • 日本物理学会